夢にまで見た熟女からの逆ナン!

夢にまで見た熟女からの逆ナン!

一度でいいから逆ナンと言うものを体験してみたい!そんな願望を密かに抱く男性はきっと少なくないはずです。

何を隠そう、私自身もそういう男性の一人です。

……と言いたいところなのですが、私は先日、すでに逆ナンと言うものを体験してしまったので……はい、ごめんなさい、もちろん嘘です。

どこからどこまでが嘘なのかと言うと、私が先日逆ナンと言うものを体験したという部分が嘘です。

逆ナンをされてみたいと言う願望を、誰にも打ち明けることができずに悶々と抱えているという事実は否定しません。

逆ナンとは、男性が女性から声をかけられ、お付き合いを求められることを指しますが、そんなおいしい話が本当にあるのかよ、と言うふうにいぶかってしまう人の気持ちも分かります。

むしろ、逆援助交際とか逆ナンと呼ばれるイベントに関しては、懐疑派の方が圧倒的に数が多いのではないでしょうか。

私もそんな懐疑派の一人でした。かつては、そんなうまい話があるわけねーだろ、と思っていました。

それほど簡単なことではないのは間違いありませんが、逆ナンという現象が全く起こりえないとは言い切れないようです。

最近では逆援助交際と言うものもだんだんとメジャーになりつつあります。

これは、女性の側が男性にお金を払ってお付き合いを求めるという特殊な出会いの形ですから、ある意味では逆ナンと言うべきものです。

逆ナンというものを体験してみたい男性は、ひとまずこの逆援助交際というものに目を付けるべきでしょう。

主にお金を持て余したセレブ達が、若い男性の身体を求めてサイトを利用しています。

逆援助交際の専門サイトもありますが、悪徳なものが多いので、できれば普通の出会い系サイトの中でも優良なものを探して利用することが無難でしょう。

逆ナンされる男性、つまり女性から必要とされる男性の条件とは、もちろんエッチが上手いことです。

これはもうどうしようもない必要条件であります。

ただしこれだけが絶対条件だというわけではありません。

いくらエッチがうまくても好かれない男性はいますよね。

例えば、女性が聞かれたくないと思っていることをあれこれと詮索したり、あるいは、秘密を守れなかったり。

そういう男性は、女性の頭の中にあるブラックリストに載せられ、一度信頼を失ったらもう二度と取り戻せないのだと言うくらいの覚悟でいれば間違いないでしょう。

自分の欲望をすて、自我を押し殺し、ひたすら相手の女性に対して「尽くす」姿勢を貫くことが重要です。

タイトルとURLをコピーしました