こんな男性は熟女との逆媛に不向き

こんな男性は逆媛に不向き

お金を払っている以上は、少しでも深い満足を味わいたいもの。

逆援助交際をやっている女性は、非常に厳しい判断基準を持って、自分を本当の意味で満足させてくれる男性を探し求めています。

基本的に、普通の出会いであろうが逆援助交際という特殊な出会いの形であろうが、出会い系サイトを利用しているかぎり、その世界は女性優位のものです。

これはもうどうしようもない事実です。

だからこそ、女性が男性を評価する目がどうしても厳しいものになるのです。

逆援助交際をやって、お小遣い稼ぎができる。

そんな話が本当にあるなら、世間の男性が皆こぞって逆援助交際をやってみたいと考えるのも無理がない話です。

けれども、逆援助交際を通してある程度の金銭を手にするためには、当然のことながら、女性から認められなくてはなりません。

同じように出会い系サイトを利用していても、女性から見て理想なパートナーとして高い評価を得る男性とそうでない男性は、残酷なほどはっきりと分かれてしまうのです。

エッチが上手いのは絶対的な必要条件であるということが、しばしば指摘されます。

そしてそれは間違いなく真実です。

より正確に言うなら、女性の側が心の底から望んでいる「良いセックス」を提供できるかどうかが、逆援助交際のパートナーとして認められるかどうかの分かれ道になります。

あとは、秘密を守れない男は嫌われるというのがよく言われることですが、もちろんそれも正しい意見です。

ただし、女性から「嫌われる男」の条件とは、必ずしもそれだけではありません。

逆援助交際という関係は、セフレ同士の関係と似ている部分があって、いつ消滅するか分からない不確かな関係です。

別れの時がいざやってきたら、有無を言わさずに受け入れることが必要なのです。

けれども、まれに「別れを受け入れられない男性」がいるのです。

こういう男性は、女性にとって非常に厄介です。

特に、女性がすでに人妻であるなら、関係を切りたいと考えた時にすぱっと別れてくれない男性はうっとうしいだけ。

はじめから「お金だけのつながり」を前提として付き合い始めたのに、ちょっと優しくすれば付け上がって……と、表に現れない乙女心を文字にするならまさしくこんな感じです。

もう一度おさらいしましょう。

女性が嫌う「逆援助交際には不向きな男性像」はまさしくこんな感じです。

エッチが下手な男性。もとい、自分を性的に満足させてくれない男性。

人のプライバシーにずかずかと土足で踏み込み、なおかつ、秘密を守れない男性。

未練がましく、いざという時にあっさりと関係を終わらせてくれない男性。

だいたいこんな感じでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました