価値ある「逆サポのパートナー」とは?

価値ある「逆サポのパートナー」とは?

逆援助交際を行う際、女性から人気の出る人とそうでない人の間で、男性の「価値」に落差が生じます。

女性が男性を見る目は異常なほどシビアなので、これはもうある程度まで仕方のないことかもしれません。

とりわけ、逆援助交際というのはかなり特殊な男女関係です。

なにしろ、女性の側が男性にお金を払ってお付き合いを求めるわけですから。

お金を払っている以上、どれほどむちゃな要求をしてもいいでしょ。

そんなふうに言われてしまえば、男性として返す言葉がありません。

確かに、自分たちはお小遣いを稼ぐことになるわけだし……という具合に、男性たちはどうしても弱腰です。

ここから当然の流れとして、女性の願望をより深く理解して、彼女たちを満足させることができる男性は、優良な逆援助交際のパートナーとして、多くの女性たちから高く評価されることになるでしょう。

その逆もまたしかりで、女性の願望を忠実に満たすことができない男性は、さえない奴としてやがて、サイト内で相手にされなくなるのです。

だれもが、女性から必要とされるパートナーになりたい、そのように思うでしょう。

よりよいパートナーになるために考えるべきことは色々とあるでしょうが、ひとまずは、どういう男性が女性から信用されないのか、その観点から見ていきましょう。

人の振り見てわが振り直せという言葉通り、もしも以下に挙げるなかで自分に当てはまっているポイントがあれば、その問題点と向き合ってきっちりと改める努力をしましょう。

まず、エッチが上手くない男性。

これは、逆援助交際を考える上では致命的なことです。

もとより、逆援助交際として始められる関係は、一般的に考えられる恋人同士の関係とは大きく異なります。

結婚を前提とするカップルと違い、心の深いつながりを求める必要もなければ、経済力がさほど重視されるということもありません。

ただし、相手の欲望を満たすための存在であり続けることが求められる以上、エッチが上手いかどうかという点については真摯に考え、相手からの批判を甘んじて受け入れなければなりません。

自分がいくら「俺のテクニックは世界一だ! 女たちをまとめて焦点させるぜ!」などとバカなことを考えていても、相手の女性を満足させることができないなら、それは「上手いエッチ」ではないのです。

相手の女性がどのような行為を望んでいるのか、その点について今一度考えなおしてみましょう。

それができなければ、女性から高い報酬は得られませんよ。

ついで、女性が話したがらないプライバシーに立ち入ったり、あるいは秘密を守れない男性も嫌われます。

特に、出会い系サイトを利用して逆援助交際をしようと考えている女性の中には、ある程度の経済力を持っている人が多いですが、当然、家族もいるでしょう。

独身女性がそれほどの経済力を持っているとはなかなか考えにくいですから。

そういうプライバシーには、断固として足を踏み入れるべきではないのです。

ひたすら奴隷のように、女性に対して満足を与えるためだけの好意に徹する。

そのような男性が、理想的な逆援助交際のパートナーとして高く評価されるようです。

タイトルとURLをコピーしました