スクライングの意外な歴史と占うやり方を解説

スクライングの意外な歴史と占うやり方を解説

スクライングのやり方

スクライングと言えば水晶を使った占いが最も有名ですが、ガラスや鏡・黒曜石・水など光を映す物体であればどれを使っても占いが可能です。

いずれかの物体を用意して雑念がなくなるように集中しながら物体を凝視していると、依頼者の運勢や運命を象徴するような幻視的映像や記号が浮かび上がってきます。

それらの視覚的なイメージを依頼者の相談内容と結びつけることで、物理的な距離や時間を越えた相手の未来や心の中を解釈するのがスクライングの手法です。

スクライングの歴史

西洋では古代から水晶などを使ったスクライングの占いが行われてきましたが、ヨーロッパ諸国にこの占術を広めたのはジプシーだと言われています。

文献に残された最も古い記録は16世紀のドイツで行われた水晶占いの例で、17世紀のイギリスでも水晶占いが流行しました。

スクライングと原理が似ている水占いが古くから行われてきた日本でも、古代にはすでに水晶占いが行われていた可能性があります。

3世紀頃の伝説的人物・神功皇后が海中から取り出したと伝えられる「如意珠」が、占いに使う水晶玉だったのではないかという説があるのです。

スクライングでは何が占える?

16世紀のドイツで文献に記録された水晶占いの例では、財宝のある場所が占いによって導き出されました。

スクライングは距離的に遠く離れたものについて占うのに適した占術ですが、その対象は空間だけではありません。

時間的に離れた対象、すなわち相談者の未来の運勢や過去の出来事について占うことも可能です。

霊視の能力を持つ人はスクライングの手法を補助的に用いることで、相談者の運命やカルマに影響を及ぼす守護霊と交信しやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました