【タロット占い初心者必見】タロット占いの方法や歴史を簡単にご紹介

【タロット占い初心者必見】タロット占いの方法や歴史を簡単にご紹介

タロット占いのやり方

タロット占いでは

  1. 22枚のカード(大アルカナ)を使用する方法
  2. 大アルカナと56枚のカード(小アルカナ)を使用する方法
  3. 小アルカナのみを使用する方法

の3つがありますが、①大アルカナを使用する方法が一般的です。

【タロット占いのやり方】

  1. タロットカードを裏返しにして時計回りに回しシャッフルり
  2. タロットカードをまとめて、山を1つ作る。
  3. 作った山を3つに分ける。
  4. 3つに分けた山を、また1つにする。
  5. タロットカードを並べる。
  6. カードを表にして、占い結果を確認する。

(タロットカードの並べ方をスプレッドと呼びます。)並べ方によって、現在や過去、未来、相手の気持ちなどがわかるようになっていますので占いたい事柄にあったスプレッドを選びましょう。

タロットカードの歴史

タロットカードの起源は諸説あり、真意は明らかになっていません。

15世紀に作られたタロットカードは貴族がカードゲームとして使用していました。

そして、16世紀には一般市民にも広がっていきました。

占いとして使われるようになったのは、17世紀のフランスです。

この頃のフランスではフランス革命があり、人々は不安の中生活していたため、占いにすがるようになりました。

そして、ヨーロッパからアメリカへ広がっていきました。

その後、小アルカナへ絵柄がつき、現在のタロットカードとなりました。

タロットカードでは何が占える?

タロットカードで占えることは

  1. 自分のこと
  2. 相手のこと
  3. 過去、現在、未来
  4. 恋愛、仕事、健康、人間関係などのあらゆる事柄

です。

未来というのは、現状のまま行動した場合の近い未来のことです。

悪い占い結果でも自分の行動を変えることができれば、未来は変わってきます。

逆に良い占い結果が良いからといって今の努力を怠ると未来が変わってしまいますので油断は禁物です。

タロットカードは自分の希望する未来にするためにはどのような意識や行動をとれば良いかを教えてくれます。

タロット占いは、あなたのより良き人生にするための道標になり得ますね。

タイトルとURLをコピーしました